ジュンホーム

STAFF BLOGスタッフブログ

こんにちは!   
ジュン・ホーム営業担当のフルヤです。
今回は、とくに若い世代を中心に人気を集めている
土間空間についてご紹介させて頂きたいと思います(^^)

以前は、土間と聞くと、農家の玄関にあったような、
ほの暗い空間を思い浮かべたものですよね。

今は、若い世代の生活スタイルに適した、
「屋外」と「室内」のいいところを合わせた
便利で快適な空間として、
取り入れる方が増えているんです。

さっそく具体的な例を見ていきましょう!

●屋根のあるメリットを生かす
まずは、こちら↓↓↓
 

玄関を入ったところに作られた広い土間です。
写真の手前側、スクーターがあるほうが室内です。
「ただいま!」と玄関を開けて、
スクータと一緒に家の中に入っていくスタイル。
休日には自慢のスクーターのメンテナンスも
この気持ちのよい空間で心ゆくまでできそうですよね!


続いて、こちら↓↓↓
 

リビングの延長としてつくられた土間空間。
写真の右がリビングで、左がウッドデッキ。
その2つをつなぐ土間は、まさに半分屋外で半分屋内。
ハンモックでのーんびり読書したり、うたたねしたり…。
とっても気持ちよさそうでしょう?
テラスではなく、屋根のある土間だから、
たとえば雨の日でも、
雨音に耳を傾けながら、ゆっくり考えごとをしたりと
豊かな時間が過ごせそうですね。


●思いきってソファを土間に置いてみる
お次は、こちら↓↓↓
 

玄関を入ったら、ソファとテレビが!
これぞ「土間リビング」*☆
こんな土間があれば、突然の来客があっても、
奥の部屋の状態を気にせず、
この場でおもてなしができますね。
真っ白な壁をスクリーンがわりにもできます!
家族で映画を見たりすれば、
ホームシアター的な空間にも(´ω`*)。

さらに、こちらの例↓↓↓
 

こちらも玄関に続く土間空間に、ソファを置いてます。
吹き抜けの広々とした空間に観葉植物が映えて、
まるで海外のアパートメントの一室のような雰囲気でとてもカッコいいですよね!!
階段下の空間を利用して、
上着やバッグを吊るせるようにしているのもグッドアイデア!
これは、土間でなくても取り入れられるテクニックなので、
皆さんもぜひ試してみてください\(^o^)/

同じように、こんな例も↓↓↓
 

屋外と室内をゆるやかにつなぐ、シンプルで広がりのある土間空間。
右手の壁に付けられた、個性的な形状のフックがとても利いています!
こんなふうに、土間に洋服のアウター類をかけておけるようにすると、
機能的なだけでなく、インテリアの中のアクセントとして
“見せる”こともできるんです!
 

●土間は、趣味スペースにぴったり

続いて、こちら!↓↓↓
 

玄関を入ったところにL字型に設けられた土間空間。
ヨーロッパの田舎家を思わせるような、
窓辺の優しい光を利用したドライフラワーづくり…。素敵ですね…(*´∀`)。
多少のゴミやチリが出ても、
土間なら、すぐに履いたり水で流せたりできるので、
趣味の空間にうってつけなんです。

ちなみに、中央に黒く見えるのは、ドリンクカウンターです。
おいしいコーヒーを淹れて、趣味に没頭する。まさに充実の趣味空間♪”

さらに、奥に進むと、こんなスペースも↓↓↓
 

気心の知れた仲間たちが集まって、
好きな音楽を一緒に聞いたり、楽器を鳴らしたり。
土間だから、みんな部屋に上がるより気軽な感覚で集まって、
ハッピーな時間を共有できそうです。

そして、最後は、こちら↓↓↓
 

玄関からキッチンまで靴をはいたまま通り抜けられる
開放感に溢れた「通り土間」です。
吹き抜け空間に、この大胆な緑!
外の空間が室内に入り込んだような、
このダイナミックな空間づくりは、土間ならではです。

今回は、すべて「D'S STYLE」の施工例からご紹介しました。
いかがでしたか? 

どの土間空間も、家族それぞれが、
自分ならではの使い方を見つけて、
生活をエンジョイする様子が目に浮かびますよね。

今回はこのあたりで失礼します。
また次回、お会いしましょう!